現場ブログ|福岡市、糸島市の屋根リフォーム・雨漏り・防水工事なら屋根リフォーム&雨漏り専門店U-ROOF(ユールーフ)にお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 U-ROOF

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付 9:00~18:00
定休日 年中無休で営業中

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 葺き替え工事の雨☔大丈夫なの??/ 福岡市・糸島市の屋根リフォーム・雨漏り専門店ユールーフ

葺き替え工事の雨☔大丈夫なの??/ 福岡市・糸島市の屋根リフォーム・雨漏り専門店ユールーフ

葺き替え工事スタッフブログ

2021.10.13 (Wed) 更新

葺き替え工事の雨☔大丈夫?

屋根を外した後に雨が続いている時、雨漏りは起きないの?という疑問にお答えします🙆

 

 

福岡市・糸島市の

屋根リフォーム・雨漏り専門店ユールーフ

スタッフの岩佐です🙋

 

先日の葺き替え工事の記事は

読んでいただきましたか??

>葺き替え工事の費用相場は?

 

私がもし葺き替え工事を依頼するとなると

一番気になるのは費用の面でした!

次に心配したのは天気のことです🌥

 

最近は雨が続くことも少ないですが

もし工事中に雨が続いたら大丈夫なの?

と思ってしまいますよね😣

 

そこで今回は工事中に雨が続いても大丈夫なの?という疑問にお答えいたします!

 

福岡市・糸島市の雨漏り・屋根リフォーム・屋根工事のことなら屋根専門店のユールーフへご連絡お待ちしております。

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付時間9:00~18:00

 

屋根の葺き替え工事中に雨…大丈夫なの??

結論から申し上げますと、一部の工程が終わっていれば多少の雨は降っても大丈夫です。

 

葺き替え工事は一度すべての屋根材を取り外してからまた新しい屋根材を取り付けます。

 

お家を守る屋根が無い状態なのに

雨が降ってしまったら

雨漏りどころじゃないでしょ!

と思いますよね😭

 

しかしまとめて屋根といっても

屋根材の下には他の部材があります。

詳しい名称や役割については

下記のブログでおさらいしてくださいね🎵

>屋根の構造・部材の名称①

>屋根の構造・部材の名称②

 

一部の工程が終わっていれば

多少の雨は大丈夫と説明しましたが、

ではその「一部の工程」とは

一体何の工程でしょうか。

 

それは「ルーフィング張り」です。

 

ルーフィングとは

ルーフィングは下葺き材とも呼ばれ、

建物内に雨水が侵入するのを防ぐ重要な役割をしています。

 

 

屋根葺き替え工事の際には

必ずこのルーフィング張りを行います。

 

>葺き替え工事の施工事例はこちらから

 

雨水は屋根の隙間からも侵入します。

ルーフィングが弱ってしまっていれば

この侵入してきた雨水が原因で

雨漏りが発生します。

 

新しいルーフィング材に

張り替えていればその心配もなく、

建物内に雨水が侵入するのを

未然に防いでくれます。

 

実は雨漏りを防いでいる主役は

屋根材でも壁でもなく

このルーフィング材なんですよ😳

 

そのため、このルーフィング張りが

きちんと施工されていれば

工事中に雨が降ってしまっても

雨漏りの心配はいらないのです。

 

業者から工事を中断すると言われたけどよくある事なの?

こちらも結論から申し上げますと、

YES」です。

 

工期を短く設定し、天気が悪くても

多くの施工を行う悪徳な業者もあります。

いい加減な施工にならない為にも

雨の日にできない施工は行いません。

 

そのため天気が安定しない日が続けば

自ずと工事も中断することはあります。

 

葺き替え工事の場合はルーフィング材を

きちんと張れていなければ

中断することはできませんので

速やかに施工する必要があります。

 

工事を中断する時には・・・

業者からの説明を仰いでおいた方がいいです。

・どの工程まで終わっているのか

・工事再開の目途はあるのか

・雨漏りの心配はないか

 

上記のことを誤魔化して答えてくれない業者は怪しいです😣

業者は工事を中断する必要がある場合、

必ずお客様へ報告や相談をしなければなりません。

 

 

福岡市・糸島市の雨漏り・屋根リフォーム・屋根工事のことなら屋根専門店のユールーフへご連絡お待ちしております。

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付時間9:00~18:00

 

桟木が濡れてしまっているがそのまま施工して大丈夫?

こちらも答えは「YES」です。

 

屋根の構造についての記事で

少し説明しましたが、

屋根は空気の循環を

確保するように作られており

必ず、濡れた桟木を乾燥させることが

できるようになっているからです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?🙋

 

どの屋根工事(屋根修理)を施工するにしても雨天で工事を中断をしなければならない際には、

上記の心配を拭えるような説明をしなければなりません!

 

説明が無かったり、曖昧な説明であれば

工事期間中の雨が続けば続くほど

不安で過ごすことになってしまいます。

 

何か不安なことがあれば

聞きやすい業者なのかどうかも

施工をお願いする業者選びの

判断基準の一つとして

持っておいてはいかがでしょうか?🌟

 

 

火災保険を使って葺き替え工事

ユールーフでは火災保険の適用で施工事例が多くございます🌟

詳しい内容は画像のタップ👆

(火災保険の内容を記載したページに移ります。)

 

また、ショールームでは

今回紹介したルーフィング材の実物

実際に使用される屋根材などの展示

行っております!

是非一度足を運んでみてくださいね✨

来店予約はこちらから👇

ご来店予約

診断無料

0120-92-8446 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休で営業中 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

協力会社様募集中! ドローン点検 現金負担0円のリフォーム お客様の声

現場ブログ

スタッフ・職人紹介