現場ブログ|福岡市、糸島市の屋根リフォーム・雨漏り・防水工事なら屋根リフォーム&雨漏り専門店U-ROOF(ユールーフ)にお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 U-ROOF

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付 9:00~18:00
定休日 年中無休で営業中

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 強風時だけ雨漏りが発生しやすい家とは?/ 福岡市・糸島市の屋根リフォーム・雨漏り専門店ユールーフ

強風時だけ雨漏りが発生しやすい家とは?/ 福岡市・糸島市の屋根リフォーム・雨漏り専門店ユールーフ

雨漏り豆知識

2021.10.16 (Sat) 更新

強風時だけ雨漏りが発生しやすい家とは?

福岡市・糸島市の雨漏り修理はユールーフへ!

 

福岡市・糸島市の

屋根リフォーム・雨漏り専門店ユールーフ

スタッフの岩佐です🙋

 

雨漏りのお問い合わせをいただく際、

一番耳にするのは

「台風だったり、強い雨が降った時だけ雨漏りするんですよね」

という言葉です😮

 

この記事を読んでくださっている方の中にも、そうそう!と思われる方が多いのではないでしょうか??

 

直接お電話をいただいた場合には

次の日や、もしお客様との予定が合いづらくても、大体3日以内にお客様のご自宅へ伺っています

どこからどのようにして雨漏りをしていたか分からない・・・

となってしまうことも多いそうです😢

 

特に海風の強い地区では

(私の地元は糸島市ですが、風強いですよね😣)

豪雨や暴風の時だけ雨漏りすることが多いかもしれません。

 

今回は強風時だけ雨漏りが発生しやすい家についてお話していきます✨

 

うちはまだ雨漏りしてないから大丈夫

と思った方!

油断大敵です!

雨漏りのセルフチェックは

日頃から行っておきましょうね🌟

雨漏りセルフチェック!あなたの家は大丈夫??

 

福岡市・糸島市の雨漏り・屋根リフォーム・屋根工事のことなら屋根専門店のユールーフへご連絡お待ちしております。

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付時間9:00~18:00

 

雨漏りが発生する時の条件

お問い合わせいただく雨漏りのご相談から、

雨漏りが発生する条件は大きく2つに分けることができます

①普段の雨では雨漏りしない

 (一定の天候状況のみ雨漏りする)

②普段の雨でも雨漏りしている

 

雨漏りに関するお問い合わせ・ご相談では、①のお客様がほとんどです。

ここで言う一定の天候状況というのが

『台風』『豪雨』『暴風雨』です。

 

なぜ天気が悪い時だけ雨漏りするの?

荒れた天候の時には横風が吹きます。

横風が吹いていると、風は下の方から巻き上がってくるんです🌪

 

この状況の時に雨が降っていれば、風に巻き込まれた雨も下から上に逆向きに降ります😲

そのため建築する時には想定外の箇所から雨水が建物に侵入するのです。

 

無料診断のご依頼はこちらのフォームから

 

強風時だけ雨漏りが発生しやすいお家の特徴

年々建物を建てる素材は、

丈夫で品質の良いものが多く生産されています。

お洒落で唯一無二のオリジナルな住宅が多くなっていることから、

建築家や設計士さんへ設計をお願いする方も増えていますよね✨

 

軒先をなくしても雨漏りしにくい
庇(ひさし)が無くても雨漏りがしにくい
木造のお家でも屋上が作れる
防水シートが丈夫になった

上記の様な住宅も増えました。

 

しかし・・・

住宅の在り方も変化している一方で、

天候も徐々に変化しています。

異常気象といわれることも多くなっていて

どこから雨水が侵入してくるか分からない

という問題があります。

この対応は今までと別の対応が必要になるんです🤔

 

それでは雨漏りが発生しやすいお家の特徴についてみていきましょう!

 

軒先を無くしている

最近の住宅では屋根が建物から伸びていることが少なくなりました。

軒先は

・外壁に雨水が打ち当たることを防ぐ

・屋根と外壁の間に巻き込む風を減らす

という役割を持っています。

 

庇(ひさし)を無くしている

『霧除け』とも呼ばれる庇ですが、その意味が昔と現在とでは違ってきているんです。

昔は木造が多かったため、

雨水で窓が濡れてしまうのを防ぐためのもの

だったのですが、現在では

日差しを遮る

という目的で設置されることが増えました。

※もちろん雨水で濡れてしまうことを防ぐ目的は今もあります。

 

ですが、窓部分は耐震性も低い個所で

周囲にひび割れも発生しやすいため

屋根や外壁より雨漏りの確立が高いのです😥

 

アルミ製の出窓も注意!

先端部分がコーキングで接続しているものは、コーキングの劣化で雨水が建物内に侵入してしまいます。

アルミ製の出窓の中でも

特に注意が必要なのが

昭和に建てられたものです!

当時はまだ試行錯誤中に製造していたため

劣化具合によっては長持ちしません😭

 

屋上があるお家

木造の屋上は

ルーフバルコニーが採用されます。

ルーフバルコニーとは、バルコニーの真下がお部屋になっている屋上のことをいいます。

ここで『ルーフ』が使われているのは、

屋根も兼ね備えていると考えられるためです。

 

見た目はすごくいいのですが、

ルーフバルコニーに劣化が起きると

真下の部屋にはすぐ雨漏りが発生します。

ルーフバルコニーを建てる物件は

見た目重視ですので、

防水などの機能はどうしても軽視してしまうのです😖

 

ルーフィング(防水シート)に頼りすぎたお家

ドーム型の屋根や、片流れの屋根は

高い箇所が必然的に風をもろに受けます。

そのため雨水が入ってきやすくなってしまいます。

 

お洒落でオリジナル感のあるお家に住むことは憧れです✨

が、その分雨漏りに対する

リスクマネジメントをしておくことも重要です。

 

各名称について

>庇?ルーフィング?片流れ屋根?屋根の部材や名称の説明

 

福岡市・糸島市の雨漏り・屋根リフォーム・屋根工事のことなら屋根専門店のユールーフへご連絡お待ちしております。

見積無料診断無料
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付時間9:00~18:00

 

まとめ

いかがでしたか?

強風のときだけ雨漏りが発生しやすいお家の4つの特徴を理解していただけましたでしょうか??🙋

 

雨漏りは発生しないことが一番です。

しかし劣化は段々進んでいってしまうのが現実です。

定期的なメンテナンスを心掛け

いつまでも安心して暮らせるお家にしましょうね

メンテナンスの際には

是非ユールーフも協力させてください🌟

 

雨漏りがすでに発生している場合、

雨漏り修理のきっかけになれれば幸いです😉

 

他にも雨漏りに関するブログを更新しています!

是非お読みください!

 

また、ショールームでは

今回紹介したルーフィング材の実物

実際に使用される屋根材などの展示

行っております!

是非一度足を運んでみてくださいね✨

来店予約はこちらから👇


 

ユールーフが選ばれるのには理由があるんです✨

ユールーフの強みはこちらの画像をタップ👇

ご来店予約

診断無料

0120-92-8446 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休で営業中 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

協力会社様募集中! ドローン点検 現金負担0円のリフォーム お客様の声

現場ブログ

スタッフ・職人紹介