施工事例|福岡市、糸島市の屋根リフォーム・雨漏り・防水工事なら屋根リフォーム&雨漏り専門店U-ROOF(ユールーフ)にお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 U-ROOF

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-92-8446受付 9:00~18:00
定休日 年中無休で営業中

  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

施工事例WORKS

HOME / 施工事例 / 福岡市城南区 T様邸 屋上防水工事

福岡市城南区 T様邸 屋上防水工事

2021.11.22 (Mon)

施工前BEFORE
施工後AFTER

福岡市城南区 施工データ

工事内容屋上防水工事(シート防水)

担当者より

塩ビシート防水での施工をさせて頂きました。

伸縮性に富んだシートを使用するので、建物の収縮に追従性する優れた防水材料と言えます。

塩化ビニール樹脂で作られた厚さ1.5~2.5mmの紫外線、赤外線に対し、優れた耐久性も持っています。

但し、防水材がシートの形状のため、どうしてもつなぎ目に重なる部分が生じるので

気になる方はウレタン塗膜防水の施工方法もあります(^^)/

ウレタン塗膜防水工事の施工事例はこちら(^^)/

施工前、施工後写真

施工前BEFORE
施工後AFTER
施工前BEFORE
施工後AFTER

工事写真レポート

  • 絶縁シートと密着性をよくするために、カチオンを塗っていきます。
  • 絶縁シートをシワがないように敷き詰めていき、継ぎ目部分はテープを貼ります。
    この絶縁シートを敷くことで、下地の影響を受けにくくなり、湿気なども逃げやすくなります。
  • 絶縁シートは防水面のすべてに貼ります。
  • シートを固定するための金具を絶縁シートに取り付けていきます。
  • 入り隅に鋼板を取り付けていきます。
  • 既存のドレーンを撤去して新しいドレンを取り付けるために形成していきます。
  • ドレンは、防水層と雨樋を繋ぐ素材で、防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。
  • 立ち上がりの既存のシートも撤去してします。
  • 立ち上がりの既存のシートも撤去してします。

  • 溶着剤(接着剤)を塗ってシートとシートのジョイント部を張り付けていきます。これでシートとシートが一体化します。
  • 下地調整と密着を兼ねた材料を塗布します。
  • 塩ビ用のボンドと塗布し、塩ビシートを貼っていきます。
  • 転圧ローラーと呼ばれるローラーで完全に密着させていきます。
  • 庇の先端部分にアルミのアングルを取り付けて水切れを良くします。
    このアングルが無いと雨水が天端から側面を伝って軒裏の部分に回ってくるので建物の為にはよくありません。
  • 熱風溶接機で溶かして接着する方法です。
    最初の方で取り付けたディスクと塩ビシートをIHヒーターの熱でくっつけます。
  • 【完了】
  • 【完了】
  • 【完了】
  • 【完了】
    作業がスムーズにいくようにT様には多々ご配慮いただきまして、ありがとうございました。
  • 【完了】
    これからも末永くお付き合い
    お願い致します(^^♪

ご来店予約

診断無料

0120-92-8446 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休で営業中 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

協力会社様募集中! ドローン点検 現金負担0円のリフォーム お客様の声

現場ブログ

スタッフ・職人紹介